在校生へ 保護者の方へ 入学したい方へ 卒業生の皆様へ 地域の皆様へ お問い合わせ
学校経営方針

Ⅰ 学校運営計画

 

[1]令和2年度 教育方針

 

本校教育のスローガン

地域に学び、地域と共に生きる 「花づくり 人づくり ふる里づくり」

 

校訓

「学行一致 自主協同 誠実健康」

 

 

学校教育目標

1 自ら学ぶ意欲を育み、積極的に行動する力を育てる

2 責任感を養い、互いに助け合う心を育てる

3 心身を鍛え、明るく豊かな人間性を育てる

4 勤労を尊び、郷土の発展につくす態度を育てる

 

 

1 育成を目指す資質・能力

(1)  挑戦する心を忘れず、自らたくましく生きる力を持つ生徒を育てる

(自己実現・主体的態度)

(2) 自律・共生の心を持ち、他者を思いやれる心豊かな生徒を育てる

(自己管理・調和のとれた相互理解)

(3) 将来のスペシャリストとして、地域の発展に貢献できる生徒を育てる

(専門性・社会性)

 

 

2 重点目標

(1) 総合学科の趣旨を生かした、生徒の学習ニーズに応えることのできる高校の実現

(2) 生徒の進路意識を高め、希望進路を実現できる高校の実現(キャリア教育の推進)

(3) 生徒一人一人が生き生きと学ぶことができる安全で安心な高校の実現

(4) 生徒会活動や農業クラブ活動、部活動等で成長できる高校の実現

(5) 学校の教育活動を通して地域の発展に寄与できる高校の実現

(6) 地域に根ざし、地域から信頼され、地域に必要とされる高校の実現

(7) 積極的な外部への情報提供・公開や学校評価の充実による開かれた学校づくりの実現

(8) 学校におけるリスクマネジメントを強化した迅速な危機管理対応の実現

(9)  働き方改革アクションプランに基づく学校内業務改善及び教職員の意識改革、教育の質の向上が図られる高校の実現

(10)  持続的な学校教育、産業、地域の振興に結び付く活動の推進

 

 

3 教育課程編成の方針

(1) 生徒や地域の特色を生かし、生徒一人ひとりを伸ばす教育課程の編成と実施に努める

(2) 確かな学力及び専門的知識・技術の定着を目指した教育内容、指導法及び評価の改善に努める

(3) 生徒の主体的判断及び自己管理能力を培う活動場面の拡充と道徳教育・特別活動の充実を図る

 

4 指導上の重点事項

学習指導 ・定期的な授業公開や授業評価による授業改善

・シラバスの効果的な活用

・生徒の実態把握と各教科と連動した個に応じた学習支援

・各教科・科目における基礎学力向上の取組の工夫・改善

・各教科と分掌等が連携した自学自習姿勢の育成と家庭学習習慣の確立

・社会状況に応じた学習形態、実習形態の工夫・改善

生徒指導 ・定期的な校内外巡視などによる生活、礼儀指導の徹底

・思いやりの心、気配りの心、自ら進んで取り組む意欲等を持った心豊かな生徒の育成

・剣友会執行部や委員会の自発的活動の推進と取組内容の改善

・道徳教育の共通理解と全体計画に沿った教育活動の展開

・生徒個々の発するサインを見逃さない教育相談体制の充実

・特別活動や部活動の充実を図る指導、支援の継続

進路指導 ・人生観を育成する系統的な進路指導の展開

・専門教育を活用した実学、産業教育の展開

・系統的なキャリア教育の実践と指導内容の見直し

・教員間の生徒情報の共有化と保護者も含めた個別支援の強化

・外部・他分掌と連携した進路指導・進路先開拓の推進

・自己理解を深め、自己実現を図る進路指導の推進

・進路活動につながる委託実習の充実及び事前・事後指導の実施

健康・安全指導 ・保健安全計画に即した効果的な指導の展開

・各種特別教室、行事、部活動等を通した指導の徹底

・生徒による自主的な環境委員会活動の推進

・健康・安全に対する自己管理能力の向上と環境美化意識の高揚

・迅速な情報収集と日常的な危機管理意識の共有、具体策の推進

・保護者や各家庭、関係機関との連携を密にした迅速な対応

 


前のページへ
〒098-0338 上川郡剣淵町仲町22番1号
TEL:0165-34-2549 / FAX:0165-34-2694
copyright(C) 2021 北海道剣淵高等学校 . All Rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべてのコンテンツに対し、 北海道剣淵高等学校 に無断での二次利用ならびに複製・転載を禁じます。